スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼の反省編

さて、前の記事の続きです。

圧勝ペースの試合運びも後半の中盤まで。


終盤はほぼ倉中のリズム。
ウチがいつもやられるときのパターンです。

なかなか止めきれずズルズルとゲインを許し余られまくってそのままインゴールに雪崩れ込まれる。
自分たちの反則でどんどん不利になっていく。
一気に3トライも許してしまったのはあきまへんな!

相手のリズムになる時間があるのはしょうがないけど、序盤だろうが終盤だろうが早い段階で断ち切らないといけない。昨日はそれが出来た試合じゃなかったかな。
ズルズルとゲインを許しながらDFしてたんじゃ断ち切りようもない。
色々と原因はあると思います。
体力的に厳しい時間帯ではあるし、攻めまくってたから攻め疲れもありましょう。
ベンチほぼ全員出たから途中出場の人はまったく同じテンションとはいかなかったかもしれません。
コミュニケーション不足もあったでしょう。

でも、どれもコレも理由にならんね。
あの試合のペースで一矢報いさせてしまった甘さが厳しい試合で致命的になるような気がしてならんのです。
許したトライは1つで十分すぎたし、1つにしなければいけなかった。

ボクも出ていた試合だし、ほぼ全員出ました。
トライを量産できたゲームだからついつい口元が緩んでしまいます。
仕方がなかったミスもありましょうが反省点を探しましょうや。
ボクも反省点はかなりあるし、逆にない人はいないと思いますよ。



「勝って兜の緒をしめよ」



次勝つ為にも、これからも勝っていく為にも必要だと感じます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

都度の事象で考えるのではなく、組織力で考えないと、この平ちゃんの答えはないと思う。意識的なことや、更にはチームとしての目的又は目標だな。スポーツ然り仕事然り、やっているのは人(人間)なんだよな。だから人間として考えてみたら自ずと答えは出ると思うよ。
相手の立場になって、何を考えられるか。人道に反するけど、何をされたら嫌か、何をしたら良いか。
『自分がどうか』しか考えられない人や組織は常に残念ながら『自分が良ければいい』なんだ。相手がいるということを考えられない。これが自分だけの世界であればいいんだけどラグビーは自己だけじゃないからな。


相手がいるんだよね相手が。勝つか負けるかなんだよ。勝負の世界は全てが相手に勝つか負けるかなんだよ。勝ちを選択したら相手の嫌がる部分を攻めないといけないし、非道にならなきゃ勝てない時があるんだよね。


勝つっていうことは、誰かが負けるということ。

そんな事まで理解した上でかつか負けるかを選択できる人や組織は強いよ。


皆が勝つことなんてないから。

おそくなった

>かずきさん
コメントありがとうございます。おひさしぶりっす。

まあ、あんなに圧倒的なペースで一子報いさせてしまったのが悔しくて勢いで書いてはしまいましたが、ちょっと考え無し過ぎたかも・・・

チームとしてやりたい事ができたか否か・・・ですよね?
まぁまぁ練習の成果はあったと思います。
それはそれでよしとしましょう。
かずきさんの言われる核の部分。
原点中の原点。ついつい反省の際は忘れがちになります。でもすべてはそこから始まってる事なんですよね。
結果の反省は反省としてするにしても、根っこや幹の部分を忘れちゃいかんですね。
プロフィール

へいはち

Author:へいはち
ロマンチックな魚座のA型。
スポーツ全般好きです。バイク好きです。
するの専門です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。