スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダレル・ロイヤルの手紙』

寝付けない夜を過ごしているのでまた一つ更新します。


ボクの好きなマンガに『アイシールド21』というのがあります。アメフトのマンガなんですけど、その中で紹介されている資料の中にあるのがタイトルの『ダレル・ロイヤルの手紙』です。


なんと全文を紹介します




『親愛なるロングホーン諸君

打ち負かされること自体は、何ら恥ずべきことではない。打ちまかされたまま、立ちあがろうともせずにいることが、恥ずべきことなのである。ここに、数多くの人生での敗北を喫しながらも、それから立ち直る勇気を持ち続けた、偉大なる男の歴史を紹介しよう。


1832年 失業
1832年 州議選に落選
1833年 事業倒産
1834年 州議会議員に当選
1835年 婚約者死亡
1836年 神経衰弱罹病
1838年 州議会議長落選
1845年 下院議員指名投票で敗北
1846年 下院議員当選
1848年 下院議員再選ならず
1849年 国土庁調査官を拒否される
1854年 上院議員落選
1856年 副大統領指名投票で敗退
1858年 上院議員、再度落選。

そして1860年、アブラハム・リンカーンは、米国大統領に選出された。
諸君も三軍でシーズンを迎え、六軍に落ちることがあるかもしれない。一軍で始まり、四軍となるかもしれない。諸君が常に自問自答すべきことは、打ちのめされた後、自分は何をしようとしているのか、ということである。不平をこぼし情けなく思うだけか、あるいは闘志を燃やし再び立ち向かっていくのかということである。今秋、競技場でプレーする諸君の誰もが、必ず一度や二度屈辱を味わわされるだろう。打ちのめされたことがない選手なんて、かつていたことがない。ただ一流選手はあらゆる努力をはらって速やかに立ち上がろうと努める、並の選手は立ち上がるのが少しばかり遅い、そして敗者はいつまでもグラウンドに横たわったままである。


ダレル・ロイヤル』
新フットボール専科 後藤完夫著 タッチダウン刊 より

この文章は1960年代、テキサス大のアメフトコーチだったダレル・ロイヤルという人が夏休み帰省中の選手に送った手紙だそうです。
ロングホーンというのは恐らくテキサス大アメフト部の愛称ではなかろうかと思われまする。

しかし、アツいですね~!激アツですっファイヤー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へいはち

Author:へいはち
ロマンチックな魚座のA型。
スポーツ全般好きです。バイク好きです。
するの専門です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。